感情に左右され、つらく時間のかかる投資をこれ以上続けますか。それとも、ルールに従って淡々と売買を繰り返すだけの、簡単3ステップ システムトレードを実現しますか?

3ステップシステムトレードに、少しでもご興味のある方は必見です。下の、「システムトレードの達人」の開発者インタビューをご覧下さい。
以上が、開発者インタビューです。
インタビューをまとめると、この「システムトレードの達人」を活用すれば、 誰でも簡単にシステムトレードができるようになることを目的に開発が進められ、それが実現したということです。

次に誰でも簡単「3-STEPシステムトレード」の概要をご覧下さい。下図が、その概要をまとめたものです。
3ステップシステムトレード
「システムトレード」という言葉を使用すると、一見難しそうに見えます。しかし、実際にやっていることを整理すると、上記の「3-STEP」を行えば、誰でもすぐに実践できるのです。その「3-STEP」の詳細は以下の通りです。
STEP.1 思いついた『売買ルール』を設定する
STEP.2 その「売買ルール」が、過去のデータに基づいて『優位性の高い売買ルール』であるかを確認する
STEP.3 優位性の高い売買ルールに従って、感情に左右されず淡々と売買を繰り返す
現在、皆さまが採用していらっしゃる投資方法と比較して、いかがでしょうか。もし、この簡単「3-STEPシステムトレード」をご覧になって、ご自身の投資方法に不安があるのであれば、是非とも次をご覧下さい

少しでもご自身の投資方法に不安がある方は、以下の文章をご一読下さい。

元手30万円から投資を始めたある個人投資家の話。
ストーリーイラスト
これは実在する投資家の話です。
数年前、あるプログラマーが元手30万円で株式投資を開始しました

彼は、チャートや新聞などの情報を見て「何となく、この銘柄が上がりそうだな」と考えながら自分の裁量によるトレードを続けていました。しかし、期待とは裏腹に結果は惨敗。日ごとに損が増え、ついには元手30万円も減り、損をする日々が続きました。 そこで、彼は「これ以上損をしたくない」と強く思い、投資方法を大きく変えました。

彼は、プログラマー兼エンジニアという特性を活かし、過去の株価データを統計的に解析できる独自のシステムを構築しました。そして、そのシステムを活用することで、感情に左右され、「何となく、この銘柄が上がりそうだな」等の勘に頼った曖昧さを取り除きました。その結果、システムトレードを確立しました。

彼の結果は大きく変化し、リーマンショックのような暴落市場でも大崩れしない投資方法を身につけました。そして、いつの間にか彼は、システムトレードの達人とも言われるトレーダーに成長したのです

そう、その彼こそが、書籍4万部、セミナーやマネー雑誌等で活躍し、「システムトレードの達人」の開発者でもある斉藤正章氏なのです。

現在の彼が、過去の彼の投資方法に抱く疑問点

現在の彼は、以下のような疑問をかつての自分に投げかけます。
疑問写真
  • 「何となく株価が上がりそうだ」と、勘を頼りに投資を行っているのではないか?
  • トレードに明確な売買ルールは持っているのだろうか?
  • 勝つために、様々なツールを購入したが、なかなか勝てない。
  • 投資方法は統計的に有利な投資手法だと、裏付けできているのであろうか?
  • 自分自身の投資手法に絶対の自信を持っているのか?
成功する投資を目指している皆さまにとって、上記の疑問点をご自身に置き換えた場合、いかがでしょうか。

おそらく、不安がない方は本当に微々たる数ではないでしょうか。

そのような方に、「おすすめの投資手法」が、簡単「3-STEPシステムトレード」の「システムトレード」なのです。

斉藤正章氏が実践する「株価低迷局面で注目を集める」決定的な投資方法

リーマンショック以降の株価低迷局面で注目を集める投資手法が、斉藤正章氏が実践するシステムトレードです。ここで、システムトレードについて、ご説明しましょう。
システムトレードとは
システムトレードとはイラスト
2008年以降、株価は大きく下落し多くの投資家にとってなかなか利益をあげにくい相場だと言われています。一説には個人投資家のなかで1年間に利益を上げているひとは全体の10%とも言われています。

しかしながら、このような下落相場、上昇相場に関係なく、利益を着々とあげている投資家がいるのも事実です。彼らの多くがシステムトレードと言われる感情に左右されない投資を行っています。

システムトレードとは、長期間の株価データを分析し、その中から統計的に優位な売買ルールを見つけ出し、その売買ルールに従いトレードを繰り返していく手法です。
最近のような暴落相場を経験し、個人投資家の間では、勘や運に頼ったトレードではなく、実際に過去のデータで裏付けのある、根拠のあるシステムトレードのような投資手法を学びたいという需要が増え、ここ2,3年の間にシステムトレードは急激に普及し続けています

斉藤正章氏のようにシステムトレードを実践するために必要なこと

写真
システムトレードを実践するためには、自分自身で過去の株価データを取得して、自分が考えたアイディアをもとに有効な売買ルールを見つけ出す必要があります。
そのためには、エクセルを使ったり、難しいソフトウェアを使ったり、自分自身でプログラムの知識を身に付ける必要があります。

このような背景もあり、パソコン初心者や、プログラム経験のない方には敷居が高く、システムトレードを実践したくても出来ない状況が続いていました。

そこで、「システムトレードの達人」は、誰でも簡単にシステムトレードができるようになることを目的に開発が進められました。そして、それを本当に実現するために、ソフトウエアの開発だけでなく、「システムトレードの達人」のユーザーの皆さまへのサポート体制を充実させてきました

初心者でも簡単に実践できるシステムトレード専用ソフト

写真
上記のような背景もあり、斉藤正章氏は、初心者の方をはじめ、誰でも簡単に、マウスのクリックや数字を入力するだけの操作で、システムトレードができるようになる検証ソフトを開発しました。

繰り返しになりますが、これまでプログラムなどの専門知識がないとなかなか実践できませんでした。つまり、そのシステムトレードを、専門知識がない方でも、 ユーザーの皆さまがご自身で過去の株価データを用いて検証し、統計的に優位性のある売買ルールを見つけ出せるように開発されたシステムトレード専用ソフトウエア

それが「システムトレードの達人」なのです。

そして、冒頭の斉藤正章氏のインタビューにありましたように、ご購入頂いた皆さまが「システムトレードの達人」を最大限に活用頂けるように、開発段階から、様々な取り組みを行いました。右にある数枚の写真は、完成前にモニター会員の皆さまと意見交換会をしている様子です。このように、ユーザーの皆さまのご意見を収集しながら、「システムトレードの達人」を使った方が、名前の通り本当に「システムトレードの達人」になれるように改善を重ねて、開発を進めてきました

つまり、「システムトレードの達人」は、初心者に限らず誰でもシステムトレードを実践しやすいように、斉藤正章氏の考えだけではなく、ユーザーの皆さまのご意見や考えも反映されたものなのです

今後も、写真にあるような意見交換会・懇親会や「システムトレードの達人」活用セミナー・勉強会を積極的に開催致します。「購入したが、使い方が分からない」という方がいらっしゃらないよう、ユーザーの皆さまを私たちは全力でサポートしていきます。
システムトレードの達人 お申し込み
上記ボタンをクリックすると、決済代行サービス(PayPal)に進みます。弊社ではクレジットカード決済に、安全かつ簡単、そして迅速な「ペイパル」のシステムを利用しております。商品ご購入のお支払いは、振り込み手数料のかからないクレジットカードでの決済をご推奨しております。
ご利用可能なクレジットカード
銀行振込をご希望の場合は、誠に恐れ入りますが「(03-6280-4580、もしくは「システムトレードの達人」サポートセンター「システムトレードの達人」サポートセンター)」まで、ご連絡下さいませ。
追伸
私たちは『システムトレードの達人』を目指す皆さまに、最高のサービスと最高のサポートを差し上げたいと考えています。
これを機会に、是非「システムトレードの達人」になることを、私たちと一緒に目指しましょう
【システムトレードの達人の重要事項】
本ソフトウェアはシステムトレード(運用ルールに基づいて機械的に行なう売買をいう)の手法を構築・検証することを目的としています。
本ソフトウェアは上記に示したツールとしての利用提供を目的としており、金融商品の投資勧誘を目的としたものではなく、また過去の運用成績(検証結果)は将来の運用利益を保障するものではございません。これらの情報によって生じたいかなる損害も一切の責任を負いませんので、ご了承ください。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします。
当ツールは、フェアトレード鰍ェ正確性・確実性を期すように努めておりますが、完全性を保障するものではありません。また、予告なしに情報・内容を変更することがありますので、ご注意ください。
当ツールを使用によって生じた損害(パソコンやネットワーク等に生じた損害)やその修理費用等に関して、フェアトレード鰍ヘ一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。


【投資に係るリスクおよび手数料について】
株式等のリスク:株価変動による値下りの損失を被るリスクがあります。信用取引では 投資金額(保障金)を上回る損失を被る場合があります。また、株価は発行会社の業績、財務状況や金利情勢等の様々な要因に影響され、損失を被る場合があります。株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

【お問い合わせ】
フェアトレード株式会社 「システムトレードの達人」サポートセンター
東京都中央区八丁堀4-11-3 金谷ビル3F
TEL:03-6280-4580
e-mail